FC2ブログ

学習机と本棚

2人兄弟の学習机と本棚を作りました。

仲良く並んでお勉強する姿が目に浮かびます。。。

Kaori_001

Kaori_004

Kaori_005

2台並べて、本棚も入るので、机のワイドも一般的な規格サイズよりも小さめで80センチ。
壁一面ぴったりに納まりました。

スポンサーサイト



指編みマフラーとウッドハンガーを作ろう

2月6日(日)ツキイチワークショップ 指編みマフラーとウッドハンガーを作ろう 
を開催しました。

クリスマスのワークショップで好評だった工房atreの片山先生に教えていただきました。

糸は片山先生御用達の、吉祥寺のAVLILさんという専門店のものです。
種類がたくさんあって、見ているだけでもわくわくしてしまいます。
1~3種類の糸を選ぶ事が出来て、絡ませて編んでいきます。

単体の糸束からは組み合わせが想像出来ない。糸選びにこそセンスが問われる気がします。

014

指に糸を絡ませて編んでいく・・・先生のを見ながら覚えるのは案外難しい。

016

018
でも、コツをつかんでからは早いです。一気に無口になり編み上げていきます。

019

020

022

028_2

029

完成しました♪

035

037

039

040

041

044

045

指編みとは思えない!!個性のある、おしゃれなマフラーができました。
片山先生、ありがとうございました。

鍛冶屋さんのワークショップ

1月16日(日)学習机展のオープニングイベントでカヌチメタルワークの川久保さんと鍛冶屋のワークショップを開催!!たくさんの方に参加していただきました。

作業は単純。鉄板をひたすら叩いてお皿を作る。これがやってみると実はとても奥が深いものだと言う事が分かります。

003

アンビル(金床)と言う台に鉄板を乗せアンビルと鉄板を、金槌でまっすぐに叩きながら形を作る。

005

叩く強さ、場所を全体的に均等に叩かないとお皿がゆがんでしまう。
金槌の種類や叩き方によって模様が違う。等・・・

007

はじめは無心で叩いているだけですが、少しずつ変化していくうちにその変化が思い通りにならないので、あっち叩いてこっち叩いてと試行錯誤。完成までフルで叩き続けました。

001

013
021

022 023

024

025 

完成後川久保さんの作品を見たときに、プロの作るものはやっぱり違うんだと、身をもって実感する事が出来たのでした。

020

そしてもう一回でいいから・・・あと一回叩いたら・・・、もうちょっといいのが出来ると思う。ささやかな欲求が生まれてきます。
完成に満足しているのか・・・?悔やんでいるのか・・・?これぞものづくりのジレンマ。

終わってみると手はジンジンで、腕はパンパンで。

みなさん達成感は味わえたのかな?
木工とはまた一味違う、「鉄」という素材で楽しくものづくりを体験していただけた一日になりました。