FC2ブログ

タモの学習机とワゴン

タモの学習机とワゴン
タモの学習机とワゴン
タモのデスクとワゴンです。

タモは家具材の代表格のひとつですが、一見似た雰囲気のブナやナラなどに比べ、木目が荒々しいです。
ですが、節が少なく、色味も均等なので、完成にきちんとしたまとまりがあります。硬さもあるのでデスクにはぴったりですよ。

無印さんの家具にもよく使われています。

引き出しの箱にはヒノキを使用。
日本人が一般的に「木の香り」として認識している香りがヒノキチオールです。ヒノキは木の香りの代名詞。
ヒノキの家具を入れると始めは家中、木のいい香りがします。でも時が経つと、香りはすぐに飛んでしまいます。

そこで最近発見したことが!!引き出しの箱にヒノキを使うと、引き出しを空ける度に木のいい香りが楽しめる。
大事な書類や宝物と、匂いも一緒に閉じ込めるって言う考えなんです。ふふふ。

初雁製。木の香り満点の引き出しを是非是非、ご用命下さい。

タモとヒノキの勝手な主観な話し。
特徴とか、樹種とか、なんとか科とか…能書きの話ではなく、
ただただ勝手に思った事を綴って作って、形にしているだけの須藤でした。

スポンサーサイト



3/13(日)学習机をつくろう

3/13(日)は毎年恒例の大人気のワークショップ「学習机をつくろう」でした。

初雁の木工教室と言えば、夏休みの親子木工教室と、入学シーズンにあわせた学習机です。
夏休みは、「これなら、宿題にも持っていけるかも[E:happy02][E:heart02]」なサイズを意識して、小さいイスやベンチ、本棚。
作業は午後から、釘で手軽に作れちゃいますが・・・。(手軽っていってもやっぱり難しいけど。)

学習机はそうは行きません!!
朝の9時からの一日がかりで、ましてや引き出し付きともなれば大仕事です[E:wrench]
お父さん、お母さん、家族みんなで作った机は、これから6年間・・・いやもっと。
僕の、私の、勉強のお供になってくれるでしょう[E:pencil]
大事に使ってねーーー[E:book]

[E:one]図面とにらめっこ[E:eye]

Dsc00064

Dsc00066

Dsc00067

Dsc00068

Dsc00069

[E:two]製作開始~[E:flair]

Dsc00071

Dsc00074

Dsc00075

Dsc00076

Dsc00080

Dsc00081

Dsc00082

Dsc00084

Dsc00085

Dsc00087

Dsc00089

Dsc00090

Dsc00091_2

Dsc00093

Dsc00094

[E:three]完成~[E:shine]

Dsc00099_2

Dsc00102

Dsc00107_2

Dsc00112

Dsc00113

一日お疲れ様でした[E:good] 

!!のち展速報!!

今回マルイで展示する事は不可能になってしまいましたが、なんとか開催できないかと考え、急きょ母校(新座総合高校)での開催が決定いたしました。

新座総合でデザイン科の卒展も行われていて、一般公開もされている様なので、一緒に展示が出来ないかと相談したところOKをもらいました!!

日程は変わりませんが多少の時間の変更があります。

19(土) 13:00~17:00  レセプション17:00~20:00
20(日) 9:00~17:00 
21(月) 9:00~17:00

です。

卒業生はもちろん、卒業生以外の方も見学出来ますので、是非お越しください。

かなりバタバタとしましたが、第9回のち展はこの様に落ち着きました。

日を改めると参加者の予定が合わなかったり、今の状態で日程の見当もつかないし、どうしよう。。。と考えていたら、先生方からのご提案もありトントンっと決定しました。

一般の来場者と言うよりは、在校生や先生に見ていただけるいい機会になります。
まさに、ピンチはチャンス!!
こんな時だからこそ、出来る人達でのち展を盛り上げていきたいです。

昨日は15:20~18:00の停電の予定でしたが回避☆今日作業出来なかったらマジ終わらない…って時だったのでよかった。
そして何とか形は出来あがりました。
今日仕上げをして、明日午前中搬入。
最後の追い込み、頑張るぞぅーーー。

仕方ない・・・

のち展ですが、前の日記であれほど高いテンションで告知したのち展ですが、

先ほど、会場から連絡が入り、使用を見合わせて欲しいとの事。

延期にするか、中止にするか、これから検討します。

とりあえず、19~21は誠に残念無念!!ではありますが、見送りです。

決まり次第また連絡させていただきます。

ぺすかとーれ。

あ、マジなんだ。

被災地の大惨事には本当に心痛みます。
首都圏、街全体もセカセカとしていて、かろうじて緊張感で保たれているような重く、冷たい空気。
この緊張感が崩壊したら日本はどうなってしまうんだろう。。。
きっとみんながそんな不安でいっぱいだろう。

19日(土)~20日(月)まで毎年恒例ののち展があり、その準備をしなくては…ただでさえ残業が多いこの時期に、毎日残って作品づくりをしていました。
13日は木工教室があり、結局その準備もギリギリになってしまい
「やばい、まにあうかな…」
必死こいて木どりをしていたその時、11日の午後2:46。

あれ?眩暈かな…これが最初の印象。
そのうちどんどん揺れが大きくなり、外のパレットに積んである材料が崩れました。電柱がぶらんぶらんとしなってました。
「これはタダものじゃない。」
と思いながら
「木工教室があるから地震で崩れてる場合じゃない!!のち展だってあるし困るんですけど…」
まず思った事がその事だった。家族の事とか、仲間の事とかより、目先のそれらが浮かんだあたしは、やりたい事が出来ているのかも?とも正直思った。

結局、作業どころじゃなくなってしまって、3時以降まともに仕事も出来ず、5時で帰った。

余震への不安や、節電だの、停電だの、で機械が満足に使えず、出展辞退かな。とも考えた。
こんなに無理してまで作る意味があるのかな…?不謹慎ではないか…?

でもここまでやってきたし、今は完成させたい気持ちが強くて。会場であるマルイも停電によっては休業の可能性もあるし、来場者も期待できないが、出来る限り参加する方向で考えてます。

今日はよりによって、会社は18:20~22:00まで停電の地区だった。
今日を逃したら作品が完成するか分からない。。。停電ぎりまでやらせてもらおうと思っていたら。そしたら社長が
「停電したらこれ使っていいから」
と指した先には発電機!!さすがに発電機を使ってまで出来ないと思ったが、作業していいんだ!と思って嬉しくなった。

とりあえず事務所を閉めて、荷物を手元に置いていつでも帰れる準備をして、いざ作業。
と思ったのも、ほんの束の間…。

今まで来る、来ると騒いで来ないって事しかなかったから半信半疑だったが、20分になったら綺麗に「バスン!!」と切れました。

「あ、マジなんだ。」

冷静さを装った、低くて太い独りごとを吐き、そのまま真っ暗闇の中、そそくさと上着をきて荷物を持って、手も洗わずに撤収。
独り、いきなり電気が消えるって怖い。

この不便さをみんなが強いられなきゃいけない状況って…もっと怖い。
でもこれっぽっちの不便さで、少しでも被災地の人たちのお役に立てるなら、いくらでもする。

東電の人たちも頑張って欲しい!!命がけなんだろうな。
原発の専門家っぽい教授みたいな人達も、スタジオで色々話してるけど、誰も分からない未知な部分で、現場の人が一番だよね。現場の人を信じるしかないよね。
がんばってください!!


こんな時期ですが良かったら見に来てください。



第9回のち展 新座総合技術高校デザイン科 卒業生による作品展
3月19日(土)13:00~21:00 20日(日)10:30~21:00 21日(月)10:30~17:00
会場 フォーシーズンズ志木 ふれあいプラザ (マルイファミリー志木8階)

みんなスタートはデザイン科でした。
それぞれの道に進み、沢山の事を経験し、様々に変化しています。
大きくなったり、小さくなったり、グニャグニャしたり、トゲトゲしたり、キラキラしたり…。
私たちは出会いを繰り返し成長し、今の地点へ…。これからも進んでいきます。増殖していきます。様々な年代の、それぞれの卒業「後」の活動を作品で表現します。ぜひご覧下さい。
http://nochiten.web.fc2.com/