FC2ブログ

物には物語があるはず…②

米この日記は3部構成になっています。①を見ていない方は①を読んでから来て下さい。

 なんとラッキーなことに、この材料が数日後別のお客様の目に留まる。
「このぼこぼこした木の表情は探しても全然見つからなかったの。これがいい!!」

 早速保留状態のWさんに、ご安心ください、的なお電話を。
「この前の例の材料ですが、欲しい方がいるのでその方にお譲りしてもいいですか?」
「はい。」
私は内心ほっとした。

ところがIさんは予算面でかなり迷っていた。
「ちょっと高いんじゃないの?もう少し考えます。」
しょうがないのかな。こうスムーズに行く訳ないか…。私は半分あきらめていた。

 数日後いつものように帰宅すると、父が
「Iさんって知ってる?Kさんの娘さんなんだよ。」
この前Kさん宅で麻雀してたらIさんが来て、
「初雁木材で家具頼んだんだれど、高いから迷ってるんだけど、もし頼む事になったら誰か運んでくれない?」
と麻雀仲間に頼みに来たらしい。
 そこで父がうちの娘が働いてる、と言ったら、Iさんは
「やっぱり!名札に須藤って入ってたから親戚かと思っていたのよ。」
そのあと
「値段が高い!!!…」
と父が散々言われたらしい。
「初雁はきちんとした材料できちんとしたものつくるんだから、値段のこと言うならそこらの量販店の安い家具買いな!その方がいいんじゃん?って言っといたよ。お父さん内心嫌だったよ〜。困っちゃったよ〜。汗」

 普段何もしゃべらない父とたまに仕事の話をすると、真剣オーラが凄い伝わってくる。そしていつも身が引き締まる思いになる。厳し〜〜〜。って感じ。
初雁の事を上げてくれて、でかしたぞ父!の反面「しっかりしたものを作る」父の言葉を裏切れない。やはり身が引き締まる思いになった。

 Iさんは結局最後まで「高い 高い」と言いながら、でも材料が気に入ったから…と決めてくれた。
 一安心—はまだ早い。本当の一安心のために私は、「しっかりとした物を作る」という表現はちと硬いか…=喜んでもらえるように頑張って作ろう。と思った。

続く
スポンサーサイト



物には物語があるはず・・・③ | Home | 物には物語があるはず・・・①

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する