FC2ブログ

お菓子はデリケート~栗の渋皮煮その後~

昨日の栗の渋皮煮、大量にできました。
うーん、沢山あって、このゴロッとした栗を贅沢にいただくのもいいけど、飽きそう。
と思い、うち10粒くらいを使いベタにパウンドケーキを作ることに!
レシピには焼き時間25分~30分と書いてあったので、25分で様子を見て、出した。
楊枝を指しても焼けてる風だったので、追加で焼かず、ちょっと出かける用があったので離れた。
外出中も気になりつつ、帰って粗熱の取れたパウンドケーキを出してナイフを入れる…
うぅっっ、こ、これは…半生ではないか…

さっそくネットで調べて、焦げ防止にホイルをかぶせて更に焼いていくといいと。
10分、また10分、またまた10分
170度から180度に上げてまたまた10分

はい、一向に焼ける兆しが無いですよ。

真ん中から割ってみたらとろーっとクリーム状にタネがー^^;

なんでやーーー!

また追加で焼いてます。
お菓子はデリケート。
2年前の重曹が今回は裏目か?
昨日の記事にも登場した2年前の重曹ですが、
今日はベーキングパウダーが家にまだあると思ったら無い!そこで重曹を代用したのです。
アク抜き要員ではありません。
今日はケーキを膨らませる重要な役割。
そもそもベーキングパウダーを重曹で代用することは出来るけど、量の調整が微妙なのと、苦味がでるそうで、あまりオススメしないと言う意見もありました。
やっぱりレシピ通りやらなきゃダメね。

例え、これが重曹のせいでは無かったとしても、こういう事態に陥った時に重曹で妥協をしてしまった事が一番の疑わしい悔いなわけで。。。
100%の自信で挑めなかった自分を責める。
自信を持って工程をこなしていれば、天気のせいや、電子レンジのせいや、レシピのせいに出来て、もう一歩はっきりとした原因も見つかったのかもしれない。

お菓子作りに人生を見たような気になった、台風明けの連休明けの夜でした。笑
スポンサーサイト



新年のイベント!学習机展とタイルフレーム | Home | 栗の渋皮煮

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する