FC2ブログ

うちゅうびと展 報告

昨年末にうちゅうびと展と言うグループ展に参加しました。
うちゅうびととは私の通っていた新座総合高校のデザイン科で教員をしている恩師の横澤先生が作り上げたキャラクターで、20周年を記念していろんなジャンルのもの作ってる人たちによるうちゅうびとの展示でした。
1年半前に横澤先生直々に声をかけていただき、はい!喜んでと即オッケー!
私の人生に大きな影響を残してくれた、大好きな新座総合高校デザイン科の大好きな先生です。とてもとても光栄な出来事でした。

昨年末の12月24日~28日
クリスマス~年の瀬と一年のいよいよクライマックス、慌ただしくも華やかな時期に行われました。
にも関わらず、忙しい時期に沢山の方々に来ていただきました。足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。










横澤先生はアラファイブ(先生はアラフィフって言いたいみたいです?)に到底見えない、チャーミングなおかた!宇宙を語る先生の目はうちゅうびとそのものです!
イラスト、ガラス、シルバーアクセサリー、木工と様々なジャンルのうちゅうびとが勢ぞろいしました。

私は言うまでも無く木工代表です。
「可愛いキャラクター」というものをそう言えば木工で表現したことがないと気付き、1年半前に声がかかった時は即答したもののの、どんな形にして行くか全く浮かびませんでした。
ただ先生から受け継がれた目の輝きというDNAは彼らにも継がせようという事だけは決めていました。キラキラ(*☻-☻*)
沢山試作をして、可愛さに思いっきりこだわって作る作業は楽しかったです!
思い出すと寒くて孤独で…またやりたいとは思い難い部分もありますが、笑。完成した作品を眺めていると作って良かったなって思えます。
上の写真はうちゅうびとトレイ。鍋敷きにもなるようにと思い作りましたが思いの外心苦しいものになりました。それはある意味成功なのかな?
ヒゲの部分がスタンドになっています。
このように沢山並べるとそこそこのインパクトがあります。

ガラス作家の関野さんとコラボして鏡餅を作りました。ガラスの透明感とヒヤッとした質感がうちゅう餅!
ベースは六角形、お盆は八角形に組み、うちゅうびとのシルエットを切り抜きました。
お正月はこいつらみたく寝正月の抜け殻になっていました。笑

スポンサーサイト



ロフトベット | Home | 01/09のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する