FC2ブログ

革ポーチのワークショップ

2月15日は革のカバンや小物をオーダーメイドされている、valley+shell谷田貝さんによる、革ポーチのワークショップでした。
まず、こちらが展開状態の革がぺらりと。
これがどうやってポーチに変身するのでしょうか?
イタリア製の高級な素材を用意していただきました。
そしてこのなめしは天然素材で施したものだそうです。贅沢!!





切り口を丁寧に磨きます。
当たり前に使っている革製品もこういう過程を経ているのかと思うと、いい素材でしっかりしたものの価値を改めて感じることができますよね。


そして立体になってきました。かしめで留める場所と、革紐でクロスする場所があります。


紐をつけてポシェット風にもなります。




今回、新たにボタンを着色作業が加わり、カラフルでそれぞれに可愛く仕上がりました。
このポーチはもちろん谷田貝さんオリジナルデザイン!
一枚の革から贅沢にシンプル!クルクルっと巻いて留めるのがまたお洒落です。
さすが谷田貝さん。

そんなセンスのいい谷田貝さんの小物類も展示させていただきました。






ご参加してくださった皆様ありがとうございました。
革のワークショップまた企画しますので、気になった方は是非次回、ご参加ください。
スポンサーサイト



プラントハンガーワークショップ | Home | 私を形成している∞強くしなやかなチェーン∞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する