FC2ブログ

健気な建具



建具の仕事は結構好きです!
木の加工をし終えて組み立てをしてぴったりくっつくと「やった感」がある。綺麗に塗装して、
現場に行って建て付けを見て時には削ったりたまにはすんなり行ったり…
で、枠にぴったり納まっているのを見て二度目の「やった感!」
更にリフォームだと、お客様にも「変わった感」を感じていただけます!

でも、写真映えしなーいんです!
工場で組み上がってもただ平たくそびえ立っているだけ、
現場に納まっても限られたスペース、引きが取れず、特に廊下だと建具の全体像が撮れなかったり。
框に板かガラスかのどちらかが入っているだけで見た目に代わり映えもなく、写真だと更に一緒に見えてしまう。
そんな理由から写真の撮りそびれもよくあります。


建具を日常生活で意識してみると、朝起きて寝室から出る、トイレに入る(出る)、洗面所に入る(出る)、居間に入る(出る)、玄関を出る、、、朝だけでも家によって違うけど最低3枚以上の扉を開けては閉める。

写真映えしなくても、生活に溶け込み過ぎて忘れられても、とびら。
乱暴に開けられ閉められても、
音を遮っている、プライバシーを守っている、断熱をしている…
休む事なく重要な役割を担っている建具なんて健気…だからこそしっかり作らなきゃって思ってます(^_-)
スポンサーサイト



初祭2016 | Home | 栃の一枚板で座卓

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する