FC2ブログ

どこでもドア


築、約40年の住まいの木製玄関ドアです。ドアの重みで金物が傷んで開かなくなるトラブルが…7年ほど前相談を受け、何度か調整を行って来ました。
アルミ製の玄関ドアにしてしまえば簡単ですが、40年前ご主人がこだわりを持って建てられた家との釣り合いを考えて交換には踏み切れずにいた様です。 
それも限界に達し、新たに作らせていただくことになりました。
家との調和を考えてもちろん「木」で。材料はおとなしくきめの細かい「ヒメコマツ」を選びいざ制作!

「面腰」というちょっと難しい仕口があります。面取りの部分が45度にカットされているので装飾の面が取れて、この面取りが大事で建具の重厚な表情を決めてくれると言っても過言ではありません。近年では割とシンプルな物が主流で、ヒョウタン面やギンナン面はあまり見かけなくなっている気がします。ですが、こちらのお宅にはこの様な古き良き装飾が施された面を使いたいと感じました。

室内のシンプルな建具は私も作ってきましたが、面腰が出来るって事が建具屋さんとの一線という気がしていました。
親方が残してくれた面腰仕口のサンプルを眺めて思った。「ここは建具屋さんに頼まず、私が作ってみよう!」
ギンナン面の刃を買ってきて、元建具屋さんだった、木のおもちゃや小物作家のアトリエ倭さんに図々しくも画像を送りつけ電話で色々ご教示いただきました。その節はありがとうございました。感謝です!

調整を繰り返し、緩くなってしまったホゾを付け足し。

こちらがギンナン面。写真わかりにくいですが。

中二階からビュー。


塗立てなのでテカテカしてますが。
ドアノブは3年ほど前に交換したばかりの「古代」という金物ブランドのものを付け替える事になってます。
装飾した面取り建具はどこでもドアなイメージ。渋めのピンクか水色に塗りたい。笑
明日吊り込みです。
できたらまた画像を追加したいと思います。
スポンサーサイト



この支配からの | Home | ひきこもり休日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する