のち展終わりました。

行事だらけな驚愕の3月が終えようとしています。卒業認定を貰うための課題提出、無事に卒業式、机をつくろうワークショップ、建具22本(新人君に指導しながら( ̄◇ ̄;)←こんな事も木工人生初めてだったりして、割と神経使いました。)
そして、
20日~21日とのち展がありました。のち展やっぱり出した後いつも思う。出してよかった。【出すって事】そのものに、それだけで意義がある、そんなグループ展なんです。素敵すぎる!
今でも年に一度学生気分に戻って襟を正す気持ちとキャピキャピした気持ちを思い起こさせてくれる、ものづくりへの姿勢をみんなからいっぱいチャージさせてくれる、自分の原点のような、今の地点の様な、こんな素敵な場所を守ってくれてるスタッフの皆さんには本当に感謝です。
更に来年は15周年という事で、「何かやろう」って声が上がっている…とても頼もしく思いつつ、これからも着いて行きます!これからもよろしくね!笹山さん、田代さん、番匠さん!
自分の出した作品については、、、のち展への入場券的な?笑
私の一年の活動の証を恥ずかしながら皆様にご報告させていただきました!
でも写真撮ってくれてる方も多くいらっしゃって嬉しかったです;^_^A
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
地元の前掛け~ミシン仕事2016春~ | Home | この支配からの

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する